MariaDB Platform のコンポーネント

MariaDB Enterprise Server

MariaDB Enterprise Server は、MariaDB Community Server の機能、性能、安全性を強化したソリューションとして、高い信頼性と安定性に基づき、長期的なサポートを企業に提供します。これにより、ビジネスクリティカル、ミッションクリティカルなアプリケーション向けの大規模なデータベースを管理する際も、効率的な運用が可能になります。

データシートをダウンロードするEnterprise Server 10.5 の特長を見る

機能

監査、バックアップ、クラスタリング、フェデレーション、レプリケーション、ストレージといった一段と強化された各種機能により、DBA はデータベースを完全に保護してダウンタイムを回避できます。

性能

テストとエンタープライズ ドキュメントには、MariaDB Community Server で検出されたバグや問題に対する修正内容と回避策が反映されています。

安全性

最大限の安全性と耐久性を確保した既定設定により、本番環境への安全なデプロイが実現し、正式提供されているプラグイン以外はすべて削除されています。

エンタープライズ プラグイン

  • Xpand
    Xpand

    完全な分散テーブル/クエリを使用して分散 SQL をスケール アウトし、スループットやストレージの容量を増やします。

  • Enterprise Audit
    Enterprise Audit

    詳細な接続情報を収集すると共に、システム テーブルに保存された JSON ドキュメントを使用して緻密な監査ルールとテンプレートを作成します。

  • Enterprise Backup
    Enterprise Backup

    書き込みのブロック、アプリケーションの中断、重要なスキーマ変更のブロックを行うことなく、大規模なデータベースのバックアップを作成します。

  • Enterprise Cluster
    Enterprise Cluster

    暗号化されたトランザクション バッファと、本番環境用に最適化された既定設定によって、安全なマルチマスタ クラスタを実装します。

  • Enterprise Federation
    Enterprise Federation

    MariaDB Platform を使って、標準の ODBC 接続で他のデータベースのテーブルにアクセスし、データ アクセスを統合します。

  • HashiCorp Vault
    HashiCorp Vault

    暗号化キーをデータベースの外部で管理することで、最大限のセキュリティを確保しつつ、高度なキー管理も簡単に行えるようにします。

MariaDB MaxScale

MariaDB MaxScale は、MariaDB Enterprise Server 用の高性能データベース プロキシとして、エンタープライズ規模の高可用性、拡張性、安全性、インテグレーション サービスを提供すると同時に、基盤となるデータベース インフラストラクチャを抽象化して、アプリケーション開発とデータベース管理を簡素化します。

データシートをダウンロードするMariaDB MaxScale 2.5 の特長を見る

  • 拡張性
    拡張性

    インテリジェントなクエリ ルーティングとアダプティブ負荷分散によって、アプリケーション開発を簡素化し、クエリ パフォーマンスを向上します。

  • 高可用性
    高可用性

    自動フェイルオーバー機能によりトランザクションが再生されるため、アプリケーションが中断したり、インフラストラクチャの障害を認識したりすることがありません。

  • インテグレーション
    インテグレーション

    Redis を利用して、クエリ結果をキャッシュしてパフォーマンスを向上します。また、Kafka を利用してデータ変更を外部システムに公開します。

  • 安全性
    安全性

    ファイアウォール、動的データ マスキング、クエリ調整機能が、データベースを攻撃から保護し、データ侵害を防止します。

MariaDB ColumnStore

MariaDB ColumnStore は、カラム型ストレージと大規模並列処理 (MPP) を分散して MariaDB Enterprise Server を拡張し、スタンドアロン データ ウェアハウスまたは分散データ ウェアハウスに変換します。標準 SQL で何十億もの行にわたってインタラクティブなアドホック分析を実行するため、インデックスを作成する必要がありません。

MariaDB ColumnStore 1.5 の特長を見る

カラム型

データを列形式で保存することによって、迅速な分析と最大 90% の圧縮が可能となり、ディスク I/O とディスク上のデータ容量を削減できます。

分散

データを複数のデータベース インスタンスに分散し、並列にクエリを実行することで、クエリ パフォーマンスを向上し、大規模なデータセットにも対応します。

クラウド ネイティブ

データは、Amazon S3 対応のオブジェクト ストレージにオンプレミスまたはクラウド環境で保存できます。低コストで容量も無制限です。

最先端の分析

  • 標準 SQL
    標準 SQL

    行テーブルや列テーブルの結合など、標準 SQL を使用して数十億の行と数百テラバイトのデータを分析します。

  • Kafka コネクタと Spark コネクタ
    Kafka コネクタと Spark コネクタ

    Kafka コネクタと Spark コネクタを使用して、ストリーミング データを取り込み、機械学習の結果を公開してインタラクティブなアドホック分析に活用します。

  • データの直接読み込み
    データの直接読み込み

    CLI インポート ツールと C、Java、Python コネクタが SQL 層を迂回して、どこからでもデータを直接ストレージに読み込みます。

Background Divider Element

MariaDB Xpand

MariaDB Xpand は、分散データ/トランザクションによって MariaDB Enterprise Server を拡張し、分散 SQL データベースに変換して、シェアード ナッシング アーキテクチャに基づいて 1 秒あたり数百ものトランザクションを実行します。柔軟性が高いのも強みで、DBA は複製テーブルと分散テーブルの両方を使用できます。

お問い合わせ

分散テーブル/インデックス

テーブル データとプライマリ/セカンダリ インデックスの両方をすべてのデータベース インスタンスに分散して、クエリの並列処理を最大化します。

分散トランザクション

分散トランザクションを使って、並列書き込み、多版型同時実行制御 (MVCC)、コンセンサスを実行することで、強力な一貫性を確保します。

エラスティック スケーリング

MariaDB Xpand を備えた MariaDB Enterprise Server のインスタンスは、必要に応じて追加、削除できるため、ワークロードの変化に応じてスケール アウト、またはスケール インできます。

紹介動画 (5 分間)