MariaDB Platform のユース ケース

トランザクション

MariaDB Platform は、トランザクションに長けたエンタープライズ向け オープン ソース データベースです。レプリケーションやクラスタリングによって読み取りスケーリングを実行し可用性を高めたり、分散 SQL で拡張性を高めたりと、あらゆる規模のトランザクションが可能です。Oracle Database との互換性を備えているため、移行も簡単で、テンポラル テーブル、JSON 関数、さらには最新の Node.js、Python、リアクティブ Java コネクタも利用できることから、従来よりも簡単かつ迅速にアプリケーションを開発できるようになります。

エンタープライズ レベルの信頼性

シームレスなフェイルオーバー、オンライン ディザスタ リカバリ、強力なデータベース ファイアウォールなどの高度な機能によって、常にデータを安全に保護しながらデータベースを利用できます。

開発も手間要らず

データベース プロキシが基盤となるデータベース インフラストラクチャを抽象化するため、開発者は計画外を含むトポロジの障害や変更について懸念する必要がありません。

最新の SQL

JSON 関数、テンポラル テーブル、ウィンドウ関数、共通テーブル式 (CTE)、ユーザー定義の集計関数など、最新の SQL を利用することができます。

分析

MariaDB Platform は、カラム型ストレージと大規模並列処理 (MPP) を備えたデータ ウェアハウスまたは分析データベースを実装し、インタラクティブなアドホック クエリを数千億行にわたって実行します。インデックスを作成する必要はなく、JOIN などの標準 SQL を使用できます。また、クラウドネイティブなストレージ アーキテクチャを備えているため、オプションで低コストかつ容量無制限の Amazon S3 対応のオブジェクト ストレージを利用することも可能です。

  • アドホック分析
    アドホック分析

    革新的な方法で膨大なデータを分析できます。潜在的なクエリごとにインデックスを作成する必要はありません。

  • リアルタイムの可視化
    リアルタイムの可視化

    インタラクティブなデータを可視化し、カスタマイズ可能なレポートや動的レポートを作成することで、大規模なデータセットをリアルタイムで確認できます。

  • Hadoop 用データ マート
    Hadoop 用データ マート

    Hadoop データ レイクからデータをインポートし、最新のデータ マートを定期的に作成して、標準的な BI/レポート ツールを使用した反復分析を実行します。

スマート トランザクション

MariaDB Platform は、高速トランザクション向けに最適化された行ストレージと高速分析向けに最適化されたカラム型ストレージを組み合わせて、スマート トランザクション、すなわちハイブリッド型のトランザクション/分析処理 (HTAP) を実行します。これにより、開発者はリアルタイム分析と履歴データを使用して、Web/モバイル アプリケーションを強化し、インサイトに基づいた効果的なカスタマー エクスペリエンスを構築できます。また、SaaS を利用している場合はセルフサービス分析を利用できます。

  • セルフサービス分析
    セルフサービス分析

    SaaS プロバイダによって提供されるセルフサービス分析を利用すると、お客様自身で関連するデータを分析できます。

  • 履歴データへのアクセス
    履歴データへのアクセス

    別のデータ ウェアハウスにオフロードされる可能性のある履歴データは、顧客とアプリ開発者に提供されます。

  • リアルタイム インサイト
    リアルタイム インサイト

    オフラインの分析ジョブからのバッチ更新を待たず、常に最新のデータに基づいたインサイトを提供します。

スマート トランザクションでは、トランザクション用の複製された、あるいは分散された行テーブルと、分析用の分散された列テーブルを使用します。オプションで、一部またはすべての行テーブルから列テーブルにデータを複製することもできます。