mysql_install_db.exe ユーティリティは Windows 上で MariaDB 5.2.6 を起動する機能を提供します。

機能

 mysql_install_db.exe は、Unix上での mysql_install_db シェルスクリプトと同等の機能を提供します。ただし、Windows固有の機能(Windowsサービスの作成)や一般に便利な機能が拡張されています。  例えば、データベース作成時に 'root' ユーザのパスワードをセットすることができます。 また、データディレクトリ内に my.ini 設定ファイルも作成し、最も重要なパラメタ値をそこに追加します(例: port)。

mysqld_install_db.exe is used by the MariaDB installer for Windows if the "Database instance" feature is selected. It obsoletes similar utilities and scripts that were used in the past such as mysqld.exe --install, mysql_install_db.pl, and mysql_secure_installation.pl.

ParameterDescription
-?, --helpDisplay help message and exit
-d, --datadir=nameData directory of the new database
-S, --service=nameName of the Windows service
-p, --password=namePassword of the root user
-P, --port=# mysqld port
-W, --socket=namenamed pipe name
-D, --default-userCreate default user
-R, --allow-remote-root-accessAllow remote access from network for user root
-N, --skip-networkingDo not use TCP connections, use pipe instead

Note : to create a Windows service, mysql_install_db.exe should be run by a user with full administrator privileges (which means elevated command prompt on systems with UAC).

  mysqld_install_db.exe --datadir=C:\db --service=MyDB --password=secret

will create the database in the directory C:\db, register the auto-start Windows service "MyDB", and set the root password to 'secret'.

To start the service from the command line, execute

sc start MyDB

データベースインスタンスの除去

 データベースインスタンスをサービスとして実行している場合、コマンドラインからそれを完全に除去することができます。

sc stop <サービス名>
sc delete <サービス名>
rmdir /s /q <datadirのパス>

Comments

Comments loading...