最新のパッケージ

tarball、バイナリ (Linux, Solaris, Windows)、いくつかの Linux ディストリビューション用パッケージが https://downloads.mariadb.org/ にあります。

私たちは、興味を持った コミュニティ パッケージメンテナが各ディストリビューション用のパッケージをビルドすることを買って出てくれることを希望します。

あなたのパッケージングシステムのベストプラクティスを厳密に守る上で、もし私たちのプロジェクトがどんな場合でもこれを妨げるなら、あなたのフィードバック をください。

パッケージでのインストール方法は MariaDBのバイナリパッケージ から見つけてください。

MariaDB を含んでいるディストリビューション

MariaDBを含んでいるディストリビューション を参照ください。

リリース前のバイナリ

Buildbot システム (Buildbot ページも参照してください) によるバイナリが、http://hasky.askmonty.org/archive/pack/ から取得できます。 これらは実運用システムで使用するのには適していませんが、デバッグには有用でしょう。

上の URL のページに移動したら、入手したい MariaDB バージョン (5.5 など) とビルド (build-XXXX) を順にクリックします。 ビルド番号 (build-XXXX の XXXX の部分) は、Buildbot の「tarbuildnum」変数と対応しています。

たとえば、MariaDB 5.5 リビジョン 3497 の bsd9-64 ビルドの場合、tarbuildnum は Build Properties に載っている 2434 となります。

ソースコードの入手

すべてのソースコードは、Launchpadリポジトリ にあります。

ソースコードのチェックアウトやチェックインには、bzr(Bazaar) バージョンコントロールシステムが、最小の手間での道のりを提供します。 あなたが bzr に慣れていなければ、bzrドキュメント を参照すれば bzr でのバージョンコントロールを理解できるでしょう。

あなた用の MariaDB のローカルブランチを作る方法は、MariaDBのソースコードを入手 ページを参照してください。

MariaDB をソースコードからコンパイルする一般的な方法については、通常のビルド手順 ページを参照してください。

MariaDBをソースからコンパイル ページには、プラットフォームとディストリビューションに固有の情報へのリンクがあります。そこには、私たちがどのようにしてリリースパッケージをビルドしているかの情報もあります。

Comments

Comments loading...